旅のこぼれ話

魚を釣ってのんびり暮らす親父さんのお話。

こんにちは。『ふみだせ!地球』サポートチーム、写真家のMiNORU OBARAです。今日は、インドで出会った親父さんとの逸話をお届けします。

中央インドのとある村の湖のほとりで出会った親父さんは、毎日同じ場所でのんびり魚を釣っていました。それで、仲良くなりました。長い滞在中、毎日通った湖。その親父さんも毎日そこでのんびり魚を釣っていました。でもそれは、夕方の時間だけ。

何日目かのある日、僕は親父さんに尋ねました。

「おじさん、仕事はしてないの?」

親父さんは答えました。

「仕事?ないよ。」

僕は聞き返しました。

家族はいないの?」

 親父さんは少し呆れながら言いました。

「いるよ、いるけどどうした?」

僕はまた聞きました。

「だって、仕事もせずに、毎日釣りばかりして、家族は大丈夫なの?」

すると、親父さんは笑いながら答えました。

「ここで釣った魚で充分さ。それどころか家族は毎日大喜びだよ。」

アメリカのビジネスマンの逸話で同じような話を聞いたことがあります。

僕たちは、何をセカセカと求めているのでしょうか?
僕たちは、充分すぎるものを欲しがって、何を失っているのでしょうか?

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

みなさんの旅のお話も是非聞かせてくださいね☺︎
『旅の仲間』のみなさんはいつでも当サイト上で執筆いただけます。お待ちしております☺︎

『旅の仲間』についてはこちら。

それではまた次回☺︎

※当サイト内の制作物は著作権法により保護されています。無断転用・転記などの行為は法律により禁じられています。
Copyright(c) 2022 ふみだせ!地球 Co., Ltd. All rights reserved.Powered by studio MONSTER

関連記事一覧

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

PAGE TOP